【次回公演】ゆうむすぶ星 2/25〜2/27

ポケット企画とは

ポケット企画とは?

ポケット企画は主に演劇を上演するための企画団体です。
2018年11月から“ポケットに入れて持ち運べる”をテーマに札幌で活動しています。

日常のままならなさを描いた会話劇を中心に、社会問題を取り上げた作品や、不条理な笑いのある作品、古典やモチーフのある作品への挑戦と、実験や研究を繰り返しながら作品を上演。抜け出せない“今”を生演奏や身体表現を用いてありのままに表現し、札幌演劇では珍しい世界観で支持を得ています。小樽や岩手などの地方公演も経験し、時期場所問わず公演を重ねてきました。

最近の活動

2021年まで三瓶竜大(劇団清水企画)のソロユニットでしたが、団体化が決まり、現在までに三瓶竜大・佐藤智子・吉田侑樹・藤川駿佑の4人が所属しています。 毎週木曜日の定期稽古のほか、戯曲を読む会、事前批評会、ダンスレッスンなどをメンバー全員で企画、運営。他団体の俳優との勉強会や月に一度の観劇会なども精力的に行っています。“今”しかできない表現を大切に、文化全体の反映を願いながら日々創作活動に励んでいます。

 受賞歴
第4回公演『おもり』  TGR札幌劇場祭2019 「新人賞」(2019年)
全国学生演劇祭参加作品『ここにいて、』  全国学生演劇祭「最優秀賞」(2021年)

お知らせ

ポケット企画では公演をしてほしい場所、できる場所を募集しています!
喫茶店やレストラン、学校や児童会館、ご自宅や野外までどんな場所でもご相談ください!
まずは、お問い合わせページからお気軽にご相談ください。お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました