第6回全国演劇祭参加作品『ここにいて、』

2020年11月に行われた札幌の学生演劇祭対校祭にて優秀賞を得て全国学生演劇祭への参加切符を獲得しました。男性2人芝居だったものを女性の2人芝居へ書き換え、上演したこの作品で見事《最優秀賞》を受賞することができました。

あらすじ

卒業間近の美大生“吉田”と“田中”。
夏休み終了まで残り数日、卒業制作完了のタイムリミットはもうなかった。
着々と準備を進めていた田中とは違い、吉田は構想すら浮かんでいない。
舞台は「自分って何だっけ?」という自問自答から文字通り「へそを見つめる」吉田とそれに突っ込む田中の会話から始まる。

公演日・場所

2021年3月12日(金)~3月26日(金)
ツイキャスプレミアにて映像配信
※ 収録は3月2日〜3日に行いました。

出演

山下愛生 齋藤明日香

他の出場団体

Aブロック

  • 劇団宴夢(札幌学生対校演劇祭より推薦)
  • 劇団Noble(名古屋学生演劇祭より推薦)
  • ゆとりユーティリティ(京都学生演劇祭より推薦)
  • おちゃめインパクト(福岡学生演劇祭より推薦)
  • ふしこ(愛媛県):エキシビション上演

Bブロック

  • ポケット企画(札幌学生対校演劇祭より推薦)
  • ごじゃりまる。(東京学生演劇祭より推薦)
  • あたらよ(京都学生演劇祭より推薦)
  • 東北連合(宮城県):エキシビション上演

審査員

弦巻啓太(弦巻楽団代表)
熊井玲(ステージナタリー編集長)
永島敬三(柿喰う客)

タイトルとURLをコピーしました